ロゴ
HOME>Review>一戸建て購入を検討するならまずは住宅展示場へ【皆の声】

一戸建て購入を検討するならまずは住宅展示場へ【皆の声】

部屋

一戸建てを建てることを検討している人は住宅展示場が家づくりの参考になります。実物を見るためイメージがつきやすく家の構造など勉強にもなります。実際に川崎の住宅展示場に見学に行った人の声を確認してみましょう。

口コミ一覧

実際に住むイメージが湧きました

子どもが幼稚園に上がる前に落ち着く場所を探していました。様々な住宅メーカーのCMや広告は今までにたくさん目にしてきましたが、いざ自分が家を建てるとなった時にまずどうしたら良いのかさっぱり見当がつきませんでした。そこで、新聞広告に入っていた住宅展示場の案内に目が止まり、勢いで行ってみる事にしました。そこは川崎市にあるとある住宅展示場だったのですが、展示場の敷地内にハウスメーカーの実際の住宅が何件も立ち並んでいる総合住宅展示場というところで、どれも立派なものばかりで圧巻でした。スタンプラリー形式で各展示場を回って行ったのですが、実際の住宅にある風呂やトイレ、キッチンも設置されており、私たちには少々高級なものばかりでしたが、『実際に住むならあのメーカーの雰囲気がいいよね』『キッチンはあそこが良かった』と話しながら展示場を回る中で、新居のイメージが徐々に湧いてきました。勇気を出して行ってみて本当に良かったです。これをきっかけに、今回行ったメーカー以外にもたくさん展示場を回って、新居のイメージを固めていこうと思います。
[30代|女性]

住宅の骨組みのことなど勉強になりました

田舎の長男の宿命でとうとう実家に帰ることになりました。実家の敷地内に新居を建てることになり、ちょうど親戚がハウスメーカーに勤めているという事で、その親戚の勤務先の、川崎にある住宅展示場に行く事になりました。住宅展示場に入るとスタッフ総出で迎えていただき少し驚きました。軽く挨拶をした後、親戚が展示場の中を順に案内してくれました。実家は古くからの日本家屋で、いつも台風や地震に怯えながら生活していました。しかしそのハウスメーカーでは頑丈な鉄骨を使用したラーメン構造からなるため、台風は元より、巨大地震が複数回来ても倒壊しない程の強度を持つと教わりました。この構造はマンションにも採用されているもので、そのような頑丈な家に住めるなら私も家族もとても安心した生活が送れるなと感じました。家の骨組みというものは普段見えない部分ですが、説明してもらう中でとても重要な部分である理解するとともに興味が湧いてきました。次は実際に骨組みを製造している工場の見学に参加して来ようと思います。
[30代|男性]